子守唄

宇目の唄喧嘩

宇目の唄喧嘩の歌詞

あんこ面見つらみよ 目は猿まなこヨイヨイ
口はわにぐち えんま顔
(アヨーイヨーイヨー)

※いらん世話役他人の外道ヨイヨイ 
やいちょよければ 親がやく
(アヨーイヨーイヨー)

可愛いがられち又憎まれるりゃ ヨイヨイ
可愛がられた 甲斐がない
(アヨーイヨーイヨー)
※わしがこうしち 旅から来ちょりゃ
旅の者じゃと 憎まるる
(アヨーイヨーイヨー)

憎みゃしません 大事にします ヨイヨイ
ときじゃ ときじゃと遊びます
(アヨーイヨーイヨー)
※はだけられても世間は広い
広い世間に出ち遊ぶ
(アヨーイヨーイヨー)

私ゃ歌いとうち 歌うのじゃないかヨイヨイ
あまりつらさに 泣くかわり
(アヨーイヨーイヨー)
※あまりつらさに出ち 山見れば
霧のかからん山はない
(アヨーイヨーイヨー)

宇目の唄喧嘩の背景と唄い方

大分と宮崎の県境にある宇目町に伝わる子守唄です。宇目の木浦鉱山に仕事に出かける母親の代わりに、幼いこどもが自分の妹や弟を子守する家庭が多かったそうです。子守ができない家庭では、子守をしてくれる娘を住み込みでやとうことも。そうした娘たちは夕方になると赤ん坊を背負い、子守たちが集まる神社の境内で「うっぷん晴らし」の唄喧嘩をしたのが、この唄の始まりです。

「あんこ」とは「あの娘」のこと。悲哀を込めてしっとり唄います。
※部分は、キーを高くして唄います。

tentenさんの動画を共有します

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇