山や海など自然をテーマにした優美で素朴なリズミカルな民謡が多い

※当ページのリンクには広告が含まれています。

新潟県の民謡

新潟は「甚句」た「おけさ」と名がつく民謡が多いです。有名なのは「佐渡おけさ」ですね。佐渡鉱山の労働を唄ったものですが、同様に「選鉱場おけさ」もあり、ほかに佐渡島をテーマにした「両津甚句」「新潟おけさ」があります。

新潟県の民謡

富山県の民謡

富山には「越中おわら」「こきりこ節」「布施谷節」「麦屋節」「新川古代神」といった踊り唄が有名です。富山は瞽女(ごぜ)や船頭が伝え、名を変え広まったという各地の民謡の影響を受けたものが多い。

富山県の民謡

石川県の民謡

山中温泉で古くから唄われている「山中節」が有名です。能登半島や輪島市の周辺で民謡は広まったようで、能登麦屋節、能登舟こぎ唄、柏のじょんがら節などがあります。

石川県の民謡

福井県の民謡

現在の三国地方に伝わる盆踊り唄「三国節」が有名です。芦原温泉の芸妓たちが唄った「芦原節」、北陸を往来した馬子によって伝播された「越前馬子唄」「越前舟こぎ唄」などがあります。

福井県の民謡