盆踊り唄

鶴崎踊り(鶴丸大夫)

鶴崎踊り(鶴丸大夫)の歌詞

来ましょ見せましょ 鶴崎踊り
何れ劣らぬ 花ばかり
(ヨーイヨーイヨーヨーイヨイヤーサ)

咲いた咲いたよ 踊りの花が
里の香りを 染めて咲く
(オドリハ 花ダヨ 花ダヨ)

娘島田に 蝶々が止まる
止まるはずだよ 花じゃもの

百合か牡丹か 鶴崎小町
踊り千両の 晴れ姿

名残りゆたかな踊りの花は
千代にかおりを とめて咲く

鶴崎踊りの背景と唄い方

大分県の別府湾に面した鶴崎に古くから伝わる盆踊り唄です。この唄は「猿丸大夫」と「左衛門」の二踊りがあります。一般的には優雅な「鶴丸踊り」を唄い、踊る人が多い。
数ある盆踊りでも他に類がないほど豪華さは際立つようですが、年々縮小傾向にあるのは寂しいものです。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇