福岡県

黒田節の歌い方~動画で解説

福岡県民謡の黒田節は全国的にも有名です。黒田節の歌い方は地方や歌う人によって微妙にメロディーに変化もあります。
黒田節を歌う上で押さえておきたい発声方法やメロディーなど五線譜や動画を交えてわかりやすく解説しています。
このページで黒田節の正しい歌い方をマスターすれば披露宴、新年会、忘年会などの宴席でも、大変喜ばれる余興ソングができます。

黒田節はおめでたい余興ソングの定番です

お祝いの席では定番の民謡の一曲に入りますね。
これまで黒田節はプロ歌手の方がよく歌われます。
赤坂小梅さんがレコードを出してから注目を浴びて、それから三橋美智也さん、村田英雄さん、三波春夫さん、最近では島津亜矢さん、細川たかしさんも時々歌っています。

さらに日本舞踊でも披露されます。
博多人形も作られて博多土産でもよく売れているそうです。
画像出典:博多人形の松竹堂

黒田節誕生まで

この唄の前身は京都の伏見で誕生し、朗詠式の「今様歌」といわれ、七五調四句からなる唄で、平安中期に遊女が唄ったという記録があります。また宮廷貴紳にも愛唱さて、のちに宮中の節会などにも唄われています。
ウィキペディアによれば、

ある日、黒田長政は酒好きの福島正則のもとに家臣の母里友信を使いに出した。友信もまた酒豪であったため、長政は酒の上での間違いを恐れ、杯を勧められても飲むことを禁ずる。しかし、行ってみると案の定酔っ払っていた正則は、よい飲み相手が来たとばかり酒を勧めてきた。

固辞する友信に正則は「黒田の者は、これしきの酒も飲めぬのか」と執拗に酒を強い、巨大な大盃を出して「これを飲み干せば、何でも褒美を取らす」と言ったため、心を決めた友信はその杯を見事に飲み干し、褒美に正則が豊臣秀吉から下賜された自慢の槍の日本号を貰い受けた。

翌日、酔いがさめて青くなった福島正則は、使いをやって槍を返してくれるよう頼んだが友信はこれを断り、のちの朝鮮出兵に日本号を持参して武功をあげた。
出典:ウィキペディア

とされて、この名槍「日本号」は、「呑み取りの槍」とも称され、現在、福岡市博物館(福岡県福岡市)に収蔵されています。
「柄を含めた総長が321.5㎝、刃の長さ79.2㎝」と全長、刃渡りが長い大身の槍で、室町時代のものとされている。
現在は博多の玄関の象徴としてJR博多駅前に黒田節銅像が建てられています。
黒田武士
特に福岡藩の黒田武士たちは、新しい歌詞を作り、筑前今様として愛唱しています。

昭和3年NHK福岡放送局から「黒田節」の名で放送されて全国的に広まり、福岡県の代表的な民謡となっています。

黒田節歌詞

さけむならば
本一もといちのこのやり
みとるほどにむならば
これぞまことの黒田武士くろだぶし

みねあらし松風まつかぜ
たずぬるひとこと
こまひきとめて立寄たちよれば
爪音高つまおとたか想夫恋そうふれん

はなよりくる 三芳野みよしのの 
はるあけぼの 見渡みわたせば
唐国人もろこしびとも 高麗人こまびと
大和心やまとこころに なりぬべし

動画で一緒にレッスンしましょう

黒田節歌い方

黒田節は尺八唄です。
地声で唄うといいますか、お腹から声を出して豊かな声量で歌うのが基本です。
さらに強弱のアクセントを明確にして歌えば、力強さが聞く人にも伝わります。

民謡は一節を息継ぎ(ブレス)なしで、歌うのですが、慣れないうちは下記のように青い部分で息継ぎをして歌ってもよいでしょう。
酒さけは飲め飲め(V)飲のむならば(V)
日の本一の(V)この槍を(V)
飲みとるほどに(V)飲むならば(V)
これぞまことの(V)黒田武士

慣れてくれば、赤い部分の息継ぎをしないで、一節を歌ってください。

ただし、あんまり大きく息継ぎしては歌の良さがなくなります。
素早く息継ぎをして、(ちょっと難しいですね)メロディーを切らさない。

歌詞には母音をつけて歌うと上手になる

そして、歌詞(子音)には、母音をつけて歌うようにしないと、メロディーが切れ切れに聞こえます。
つまり一本の線が通っているように、つなげて歌うように練習しましょう。

ぁぁ~ののぉめ

のものぉこのぃぃを~

ど~に

ぉぉ く

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇