子守唄

五木の子守唄

五木の子守唄の歌詞

おどま盆限りぼんぎり 盆限り
盆からさきゃおらんど
盆が早よくりゃ 早よ戻る

おども勧進 勧進
あん人たちゃ よか衆
よか衆ゃ よか帯 よか着物

おどんが打死んだちゅうて
誰が泣ぁて くりゅきゃ
裏の松山ゃ 蝉が鳴く

蝉じゃござらぬ 妹でござる
妹泣くなよ 気にかかる

おどんが 死んだなら
道端ゃいけろ
徹人ごと 花あげろ

花はなんの花 つんつん椿
水は天から もらい水

おどんがお父つぁんな あの山居らす
おらすと思えば 行こごたる

五木の子守唄の歌詞と唄い方

熊本球磨郡の五木村に伝わる民謡です。名子と呼ばれる貧農の女の子は地頭といわれる金持ちの家に子守役として出稼ぎに行き、そのわが身の不幸を唄った暗い子守唄です。熊本には底抜けに明るい「おてもやん」という民謡がありますが、対照的に丁根暗な民謡ですね。
ゴンちゃんが幼いころ明治生まれの婆様がよく口ずさんでいました。そばで聞いているのですが、歌詞の内容はともかく、なんともいい唄やな~と思っていたと記憶しています。
歌詞のとおり、哀愁を帯びて唄います。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇