TV・舞台出演

役者は情報を伝えるのではなく、感情を伝える。

旅芸人の唄。
いよいよ本番まで一週間。
ほぼ毎日が自主練や合同練習で慌ただしい。

台詞は暗記するだけではダメで、相手の台詞の感情に合わせなきゃいけないし、その一コマ一コマを丁寧に作っていかないといけない。役者が伝えるのは情報ではなく感情なのだが、慣れない役者さんは台詞をいうのに精いっぱいだから機械的な演技になってしまう。

また台詞で自分の役柄を観客に伝えきるかも役者としての評価される。
観客に先を予感されないように演じることがいい役者だと井筒監督は僕の愛読書の中でも言っている。

役者の仕事は観客を騙すことだとよくいわれるが、僕はココこれを追求したい。

木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇