北海道の民謡

江差追分の歌詞と唄い方

※当ページのリンクには広告が含まれています。

江戸時代の中頃に鰊漁で栄えた江差に、本州の船頭や瞽女(ごぜ)、座頭の芸人たによって、持ち込まれた民謡の中に追分節があって、明治の末期ごろ鰊漁が不漁とともに錆びれていき、せめて追分節だけは残そうと江差追分が作られました。その後、三橋美智也さんによってラジオやテレビで放送されるようになって、江差追分は有名になりました。

【前 唄】
国をはなれて 蝦夷地えぞちが島へヤンサノェー
いくよねざめの 波まくら
朝なタなに聞こゆるものはネ~
友呼ぶかもめと 波の音

【本 唄】
かもめの(ソイ) なく音に(ソイ) ふと目を(ソイ)さまし(ソイソーイ)
あれが(ソイ)蝦夷地の(ソイ) 山かいな(ソーイソーイ)

忍路高島おしょろたかしま 及びもないが
せめて歌棄うたすつ 磯谷いそやまで

泣いたとて どうせ行く人
やらねば ならぬ せめて波風 穏やかに

【後 唄】
沖でかもめの なく声聞けばネ~
船乗り稼業は やめられぬ

この歌は、尺八にのって本唄を歌うのが多い。
「かもめののののののの~~~」というように、母音を伸ばしながら息継ぎも一小節で1回と正直言って難しいです。
でも練習するかいはありますよ。これが唄えるようになれば、どんな民謡も唄えるようになりますね。

江差追分保存会の公式サイトはこちら

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 外山節の盛岡市:青森県の隣に位置する歴史と文化が息づく魅力的な町

  2. 令和3年度 民謡民舞全国大会が開かれました

  3. 松浦潟(佐賀県民謡)

  4. 九州の代表的なお座敷唄~万才くずし(佐賀県民謡)

  5. 【宮崎県民謡】刈干切唄

  6. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇