滋賀県

淡海節

滋賀県民謡の淡海節の歌詞と歌い方を解説しています。

淡海節の歌詞

船を曳きあげ 漁師(船頭衆)は帰る
後に残るのはかい
波の音 ヨイショコショ 浜の松風

春が来たので ふもとは桜
峰の白雪 比良の山
登る朝日に ヨイショコショ
ほがらかに聞く鶏の声

秋が来たので 燕は帰る
後に残るのは 荻桔梗
月がさす ヨイショコショ
虫の鳴く声

去年見た時ゃ 矢絣の島田
今年見た時ゃ 丸髷で 
来年は ヨイショコショ
やや抱いて嬉しかろ

時間が来たので 舞子は帰る
後に残るのは 差し向かい
口説きに ヨイショコショ
燗冷ましの徳利

淡海節の背景と唄い方

この唄は大正時代に喜劇俳優の志賀廼家淡海さんが作詞作曲したお座敷唄です。
「ヨイショコショ」は、お囃子ではなく、自分で歌います。
ヨイショコショは、山口県の花柳界で流行った「ヨイショコショ節」から取ったといわれています。

淡海節の歌い方おすすめ動画↓
色々な動画がありますが、ゴンちゃんがおすすめできるのはこちら滋賀県の民謡歌姫さんが歌っている動画。

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇