宮城県

米節

米節の歌詞

米という字を 分析すればョー
八十八度はちじゅうやたびの 手がかかる
お米一粒 粗末にゃならぬ
米は我らの親じゃもの

米の成る木で 造りし草鞋ョー
踏めば小判の 跡がつく
金のなる木 無いとは嘘よ
辛抱する木に 金がなる

千代に八千代に 変わらぬものはョー
尾上高砂 曽根の松
わしとあなたは 双葉が松よ

米節の背景と唄い方

元唄は、昭和初期のころ大村能章が作曲し、東海林太郎が歌った「博多小女郎波枕」で、これを作詞家の藤田まさとが替え歌として作詞したのが米唄です。

歌い方としては、母音をつけて、丁寧に歌います。
特に「米と言うぅぅ~じぃを~」この出足のところから母音を付けるように歌い出します。
次も「手がかかるぅぅ」となります。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

CAPTCHA


最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇