TV・舞台出演

民謡を上手に歌う引き声を勘違いしていた

今日は民謡のレッスン。先生によると昨日、一昨日と2日間にわたって人吉市で九州民謡大会が開催されたそうです。数百人規模による大会だったらしく、自分が稽古している五馬の駄賃どりを唄った諸氏もいるとか。人の唄を聴くのも勉強になるしこういう大会に見学に行きたかったな~。

お土産のお饅頭もいただいてレッスン開始。練習していて、発生にどうしても納得でいいないところがあってモヤモヤしていtが、畑先生から引き声の使い方を間違っているところが指摘されて、モヤモヤが解決^^

やってみると、力んで無理して出していた声が、引かずに出すと、あ~ら不思議、というか、力まずに出せるようなった。このフレーズ部分はしっかり練習しないとお題目がボヤけるので、教えてもらってよかった。

それと大きく口を開けて唄う。
基本的なことを忘れちゃダメですな~。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇