TV・舞台出演

大分県民謡台唐節の歌い方

今日から、新しく民謡の台唐節(大分県)を1年練習することになった、。
台唐とは踏み臼のことで、てこの原理を使った道具で、歌詞には「籾をする風景」が出てくる。
また餅つきなどにも、台唐を使う地方があるらしい。

山や麓、里ののどかな雰囲気を出して唄うように。
先生の唄を聴いて、すぐに気にいったので、来年の課題曲にしてもらった。

一番の一小節は、晴れた山を表現し、二小節目は曇りのふもとを表現、三小節目は里で籾する人たちの風景を表現する。
それぞれで「あら~」という頭出しを歌うのも表現が違ってくる。

来年の連合大会まで、しっかり練習していきたい。
それと、今回連合大会で入賞させてもらった、五馬の駄賃どり唄も引き続き練習を重ね、来年のシニア大会でも披露したい。

台唐について、詳しく解説しているサイトがあったので紹介しておきます。
むかしのくらし_こめづくり_稲刈
[gallery link=”file” columns=”1″ size=”large” ids=”583

民謡発表会で大分県民謡台唐節(だいがらぶし)を歌う

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。

最近の記事

  1. 全国おせち巡り~おせち料理を食べて五穀豊穣や無病息災を願いましょう!

  2. 日本民謡とは

  3. 民謡と歌謡曲(演歌)の違いについて

  4. 日向木挽唄の歌い方~動画解説付き

  5. 民謡入門:稗搗節(ひえつきぶし)の歌い方

  6. 田原坂

おせちの予約はお済ですか?

料亭おせち通販

民謡を始めませんか?

若返り効果!滑舌を良くする練習

Pickup

  1. 福岡県シニア民謡選手権大会で佐賀箪笥長持唄で優秀賞

  2. 民謡民舞九州北部連合大会で五馬の駄賃取り唄を歌って6位入賞

  3. 筑前琵琶の演奏で日本舞踊「濡衣物語」を鑑賞

  4. 木野花さん書き下ろしの名作:喝采・旅芸人の唄に舞台出演

  5. アップルハート福岡南さんで「馬の尻をのぞいた男」の朗読劇